レクサプロ

レクサプロ
エスシタロプラム(エスシタロプラム)は、選択的セロトニン再取り込み阻害薬(SSRI)と
呼ばれている第三世代の抗うつ薬の1つです。
それはシタロプラムの鏡像異性体です。
そして、S体であるSシタロプラムはSSRIとしての活動のそれです。
デンマークはそれを組み立てます。
そして、それはLundbeck A/S会社によって開発されて、2001年にスウェーデンで承認されました。
2010年10月に現在で世界96の国で使われます。
そして、2010年8月現在、与えられる患者数は2億3000万よりそれ上がります。


Sシタロプラム・シュウ酸塩として、それはレクサプロR(LexaproR)の
ような商標名でリリースされます。
それは2011年4月にそれを日本で生じて、承認されて
10mgのレクサプロRロックのために、2011年8月に持田製薬生産販売、田辺三菱製薬(株)販売
吉富製薬医療促進タイアップとして市場に出されました。

光学のために分離されるS-シタロプラム(Sシタロプラム)は、既存のSSRIとセロトニン再摂取抑制
アクションの選択的なセロトニン再摂取抑制アクションをノルアドレナリンの1,190回の
19000倍大きくすると、ドーパミンは試験管内で確証されます。

copyright(C)レクサプロ基礎知識