レクサプロ SSRI メカニズム

レクサプロ SSRI メカニズム

そして、シナプス間隙で集まったセロトニンは再利用されます。
うつ状態の人が減少したという状態にあるために仮説(モノアミン仮説)で
シナプスとセロトニンの中のセロトニンの密度は、セロトニン受容体に行うのが難しいです。
SSRIは選択的にシナプスをリリースするセロトニンのセロトニン輸送機に作用して
セロトニン再摂取を妨げます。
その結果、セロトニン密度は、これによって非常にある程度維持されます。

日本に放出されるSSRIは、現在フルボキサミン、パロキセチン、セルトラリン
4種類のSシタロプラム(2011)です。

そのうえ、化学構造は大いに各々ベンゾジアゼピン・ベースの抗不安薬と違って異なります。
セロトニン再摂取抑制アクション、いろいろなレセプター親近感の側面
薬物代謝、血のタンパク質の組合せ、副作用プロフィールの選択性が、異なりもして
化学構造と同様に、とても異なる使用のために、臨床方向にも言われます。


評価は効果についてほとんど行われました。
しかし、近年は、「それは偽薬より効果的です。
しかし、それとしての影響でないことは従来は、考えられました」という主張は出ます。
そして、再検討は実行されます。鬱病症がSSRIの濫用によっておよそ30%改善する率がある間より
悪くなっている例が30%で言うように、個体差があることは
それをSSRIの反応性によって指し示しています。

copyright(C)レクサプロ基礎知識